一般皮膚科

じんましん(蕁麻疹)

じんましんは、強いかゆみを伴った「蚊に刺されたときのような赤いふくらみ『膨疹(ぼうしん)』」がポツッとあらわれ、数分から数時間で消えてしまうものを言います。症状が強い場合、膨疹が次々と体に広がり大変辛い思いをすることも。
膨疹の状態は様々で、小さく丸いものから形が定まらず手足全体を覆うようなものまであります。まれに、まぶたや唇、気道や内臓の粘膜が腫れ、呼吸困難など重篤な症状を引き起こすこともありますので、そのような場合はすみやかに病院を受診しましょう。数時間後には消えて無くなるものですが、一時的なものを「急性じんましん」、再発を繰り返すものを「慢性じんましん」と言います。
原因は、アレルギー・ストレス・温度差などさまざまで、発症のきっかけも個人によって差があります。症状が出たときに、「何をしていたか、何を食べたか」など、直前の行動などをよく思い出すと原因をつきとめる手助けになるでしょう。 ●じんましんの治療 一般的には、痒みなどを引き起こす原因となるヒスタミンを抑える抗ヒスタミン剤を内服します。
原因が分かるものは、その原因となるものを避け、再発を防止します。
また痒みに耐えられず掻いてしまいそうになりますが、傷が出来て化膿したりかえって痒みを強くすることもあるので、患部を冷やすなどして掻きむしらないようにしましょう。

美容のご相談や、院長の診察をご希望の方は、なるべく院長(伊東)の日に受診していただくようにお願いいたします。

診療時間
午前10:00~13:00
[受付]   9:50〜12:45
伊東
川西
伊東

伊東

政次

川西 伊東
伊東
午後15:00~18:30
[受付] 14:50〜18:00
伊東
伊東 伊東 伊東
【休診日】木・土曜日午後/日曜、祝日
【◎:月曜午後】受付は17:30までとなります。
手術は予約制です。まずは一度診察にお越し下さい。
また、内容によっては大病院へのご紹介になる場合もございます。

〒530-0001
大阪市北区梅田3-1-1
サウスゲートビルディング17F

JR大阪駅中央出口より徒歩1分
御堂筋線梅田駅8番出口より徒歩3分
B1、1階、3階から直通エレベーターを
ご利用ください